CALENDAR
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
+ アーカイブ
 
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE

ryo

  • RN : 龍 / ryo
  • HN : earlgrey

ブロとも申請フォーム
RSS
SEARCH

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根津美術館

10 17, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
先週7日にリニューアルオープンした、隈研吾設計な根津美術館、

根津美術館_01

日曜に早速見てきましたよ。
展示物より、建物と庭園の方をメインに。

続きを読む »

スポンサーサイト

巾着田

10 11, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
もう先週の話だけど、
せっかく写真もあちこち撮ってきたので、
巾着田旅日記。

続きを読む »

銀座豊洲新宿池袋・サマーウォーズ

09 07, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
東京散歩。
してまいりました。
いや、目的はそうじゃなかったのだけど、
結果あちこち歩き回る事に。
けど天気も良かったし、街と建物を存分楽しんでしまった。


◆銀座
ペコちゃんミュージアムへ。
ペコちゃん自体には特に興味は無かったんだけど、
「ミュージアム」と聞くだけで、つい心惹かれ…。
しばらく美術館も行ってなかったしな~。

ペコちゃんミュージアム

がしかし、整理券配布!?1時間以上の待ち時間…!
最終日だったらしいけど、まさかペコちゃんがそんな人気だったとは…。
というわけでここはパスしたのでした。


◆豊洲
久々の豊洲ららぽーと。
複数の船体をモチーフに設計されたショッピングモール。
歩いても眺めても面白。

あの辺は未開発な土地もまだ多い分、空も広く気持ちよかった~。
ヒートアイランドな気持ち悪い暑さもなく。


◆新宿
そういえば新たな丸井がいつの間にかオープンしてた。
とりあえず今日は外装だけ楽しみ、中はまた今度。

しかし、まあ都内は大体そうだけど、
道路の両脇共建物の高さある分道は殆ど影の中。
ああ、太陽光がもっと直に差し込めば
それぞれのファサードもまた違って見えるだろうに。
(銀座は通りが南西に向ってる分、昼過ぎなんか明るくなるんけどな~

で、池袋移動までしばらく時間あったので適当にファミレス探し。
しかし新宿ってファミレス無いんだよな。
サイゼに行くだけで歩いた歩いた。


◆池袋
映画を1本。
映画ではアニメーションってめった見ないのだけど、
周りから結構薦める声も多く、サマーウォーズ観て来た。

当日まで特に予約せずにいたのだけど、いざ劇場に着くとどこも満席という!
8/1に公開され、1ヶ月以上経ってこの動員て、なかなか。
じわじわ口コミで広がっているそうで。
昼があまりにどこも満席だったんで夕方の部に予定変更、
直前になんとか携帯で予約出来たのだけど、着いたらやはり満席だったわ。

確かにどこのレビューを読んでみても評価は高めで、
中にはポストジブリとまで。
これとか、
こんなんとか。

ただ世界観として「ネット」だったり「ゲーム」という要素が少なくない分、
そういう所に興味がないと、感情移入はしづらいかも?

しかし一貫したテーマとしてある家族の絆という点では、
随所で涙堪えてしまった…。
の一方で爽快なシーンもふんだんにあり。
後味すっきり気持ちいい作品だった~。

スカイアクアリウムⅢ

07 23, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
"スカイアクアリウムⅢ"、早速行ってきた。

20090723010403

20090723010406

20090723010408

しかし相変わらずカメラは携帯の。
折角のこの幻想的な空間、もっと綺麗に撮りたいんけどな~。

神代植物園→深大寺

05 24, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
今日は神代植物公園と、深大寺へ。
調布駅からバスで15分位のところ。三鷹からも同じ位かな。

雷雨や突風という予報がある中行ってきたけど、
幸い荒れる事もなく、五月雨の中散策楽しめた~。

写真は、続きに↓

続きを読む »

オペレッタ「こうもり」

05 17, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
1週間遅れての感想文。
せっかくの良い体験だったので、日記にも残しておこ。



オペレッタというものをまったく知らずに行って来たのだけれど、
思っていたものとは違い、いい意味で裏切られのめり込んだ。
事前に知っていたのは
「オペラよりとっつきやすいもの」という程度のみだったもので。
ただそうは聞いても、かなり敷居高く考えていた。

東京オペラシティなんだけど、実際、ホールにつくと、
映画を見に来たのとは違う客層に一瞬身構えた。
ラフな人もいるのだけど、正装、ドレスな人もちらほら。
もうその時点で、おっされ~な雰囲気!
奥のカウンターではワインやケーキも。
そしてそれを嗜む、おじさまおばさま達。



とりあえず自分は、空間を楽しもうとホール内を散策。
1階席、2階席、3階席をぐるっと。
こんなんで楽しんで興奮してる自分。…いなかもん?(笑
そんで一通り建築を堪能したところで、
席に着き、いよいよ開幕。



まず、日本語だった!
うん、わかりやすい。よかった。
日本語じゃなくても雰囲気だけ味わえれば良いかなと思っていたので。
そして、これがほんと一番意外だったのだけど、笑えた!
客席からも何度も笑い声。

単に劇中の作られた笑いというんじゃなく、
時事ネタ織り交ぜたもので…。
冒頭に酔っ払って屋外で寝てしまうシーンがあるのだけど、
そこで草なぎなネタ、ジョークが入ってきたりして。
別のシーンでは、語尾にウィッシュを入れきたりと、
何度見つつツッコミを入れたか(笑

もっとガチガチ古典的なものだと思っていたからな~。
まぁそういう固めなもの若干期待していたのもあるにはあったけど、
これはこれで単純に存分に楽しめた。
そんなアドリブがありつつも、
バックではオーケストラ生演奏という贅沢さ。
東京フィルハーモニー交響楽団。



オペレッタは、
「ミュージカルの生演奏版」というとイメージしやすいかも。
劇中の曲は全て生の演奏。指揮が居て。
途中役者がオーケストラをいじる場面もあったな。

役者が客席側にも来る事もあって、
そういう生ならではの面白さもあった。
ホール横から登場するシーンでは、
衣装が自分の足にも触れる近さだったし。
そんな近さで、ホール全体に響く声を発しているのだけど、
近いからといってもちろんうるさいわけでもなく。流石。
立っている時も、踊りながらも、座っていても、変わらずしっかり響く声。



あ、あとこれもまた行ってみて知ったのだけど、
結構長かった。5時に始まって、終わったの9時だったかな。
3つの幕に分かれてて、2回の休憩が入る。
休憩が終わる時の合図は、ベル。
ベル持った人が初めはホールの外鳴らして回って、
その後ホールの中を後ろからカランカランと鳴らながら歩いてきて、
舞台に到着した所で、次の幕が開始。

単に館内の放送で報せるのとは違う、
こういう演出も、良かったな~。
(オペレッタの世界では普通なのかもだけど



行ったのが一人でってのがさみしい所ではあるけど、
ほんと素晴らしい時間だったわ~。
つい先月のRADWIMPSのLIVEもそうだけど、
やはり生は違うね!

次は、何を体験しようか…♪

アヒルと鴨のコインロッカー

04 29, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
いいな。
借りてきて、今観てた。
【アヒルと鴨のコインロッカー】

これは、
なかなか、
自分にぴたりと。
好みだ。

こういうゆっくりな空気と、
構成のうまさ。伏線。
そういうの好きでさ。

1度目と2度目で全く見え方が変わる。
というか2度観るべきだわ。

ただ、静かに切なかったな~。
ジャケットや予告、主題歌から受ける印象とは違う、
狂気ある切なさ。

原作、伊坂幸太郎。
他の作品も観る、ちゅうか読んでみたくなった。



そういえば【恋愛寫眞】でも似た感覚があった。
やっぱり、静かな切なさを感じて。
けどアヒル鴨の方が、スリルさがあるか。

ちなみここから、
「静かさ」を抜いて
「スリル」と「切なさ」を足しまくると
【容疑者Xの献身】
っていう感じ。

というわけで、
【容疑者Xの献身(本の方)】
【アヒルと鴨のコインロッカー】
【恋愛寫眞】
おすすめ。

続きを読む »

RADWIMPS幕張LIVEレポ

04 27, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
RADWIMPS幕張LIVE

いっそう、好きになった。
さらにハマった。
まぁまだBUMPの方が好きだけどさ(そこは譲らない

というわけで、ファン暦短いなりに、
特に気になった所をレポ。


■ 遠恋
遠恋そのものの良さはもちろんだけど、
その後半の間奏部分で入った、これ、
 ギターバトル 桑原 VS 武田
 に続いて、
 ドラムバトル 山口 VS 洋次郎
バトルとは書いたけど、こういうの何ていうんだ。
一方のソロに対してもう一方が応える。
互いに弾きあうやつ。
これがな~、かっこよかった。
BUMPのライブでは無かったかっこよさで悔しかった位…。
実際の曲で言うと3:35~3:47の所だな。
本来12秒のところ、5、6分あった?

洋次郎が反則。
あなたギターボーカルでしょう!
突然ドラムし出して!
まいった。ほれた…。 歓声もあがってたな。


■ 謎謎 → メルヘンとグレーテル
そんな洋次郎の力強さなんかも感じていたら、今度はその逆。
謎謎の終り、ギターソロ(桑原、かな?)のアルペジオ部分、
これが彼スポットで、リピート長めで静かに続いていたのだけど、
そこに洋次郎がそっと、ギターあわせて来た…。
メルヘンのイントロ。
これがまた、綺麗、というか美しくて、
曲が違うのにどうしてそううまくリンクさせられるのか。
ここで、それまでの高めのテンションとは違った感動を…。
じんわりきた。


■ 37458
んで後半。みなしごはっち。
これはCDで聴いていた時は特別そこまで気にかけていなかったのだけど、
ライブで印象が変わった。
イントロが、追加されていた。
知らない曲、新曲?が始まったのかと思っていたら、これに繋がって。
BUMPでもリトルブレイバーのイントロ追加版あったけど、
こういうライブでしか聴けないバージョンに弱くてさ。
謎謎からのリンクの仕方もそうだけど、やっぱりこれがライブの醍醐味だよな~。


■ 25個目の染色体
で、染色体。これは期待していて。
けどなかなか演奏されず、今回は無いんかな思ったところで、
最後アンコールで聴けたわ。
期待通りの感動をもらって、
良い余韻を残して、
ライブ終了…。



と思ったらダブルアンコール!
最後は盛り上げてくれたわ!
 洋次郎「もうちょっとだけ歌っていいかな」
 洋次郎「いいかな!」
 洋次郎「いいんですか!」
【いいんですか?】だった(笑

そして本当のラストに、
【有心論】!
がらにも無く飛びまくった!


結局アンコール2曲にダブルアンコールで更に2曲。
歌いすぎだ!
アンコール時にステージが変わったサプライズなんかもあって、
Eブロックの人ら羨まし。


ほんと、素晴らしい時間、空間だった。
外は雨でもめちゃめちゃ熱かった。
そして暑かった…したたり落ちるほどの汗だく。

続きを読む »

RADWIMPS

03 11, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
新たなアーティストとの出会い!
RADWIMPS
いい…。惚れた…。


タイプとしては、BUMP OF CHICKENを好きな人が好みそうな。
BUMP好きな理由と同じ部分なのだけど、歌詞に惹かれて。
音楽だからメロディーでもって創造されてるのはもちろんなのだけど、
それよりも歌詞によって創られているとこを強く感じられると、一気に好きんなっちゃって。
そのアーティストの、世界が見えると、惚れる~。
(表現大袈裟か


そんなにメジャーではないかな。
というか先週まで知らなかったし、名前読み方もわからなかった…。
ラッドウィンプス。
二子玉のツタヤで見当たらなかったから、
わざわざ渋谷のツタヤでレンタルしたよ、アルバム。
近々5枚目のアルバムでるそう。


借りたのは4枚目の「RADWIMPS 4 ~おかずのごはん~」。
この中の、
・有心論
・セツナレンサ
・夢番地
辺りいいなー!
セツナレンサは他の曲調と違って、かっくいいし。
有心論と夢番地は、歌詞をじっくりと。


何かしながら聴くというより、
委ねて聞き入った時の心地よさがあるな~。
他のアルバムも気になるけど、
一気に全部聴いちゃうのももったいないので、
まだしばらくこのアルバムを味わうとしよう…♪

のあのわデビュー

02 20, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
先日、18日にのあのわがデビュー!

ドラムの人がちょいと昔の知り合いで。
知り合いというか話した事もあったかどうかって仲だけど…。
応援てな意味でもデビューアルバム早速購入。

メインな1曲目はもちろん良いのだけど、3曲目が気に入った。
リズムという曲で、その知り合いが作曲したらしい。
手拍子部分が楽し。チャチャ、チャチャチャ♪
ライブもちょこちょこやってるみたいだし、見にいこかな。

(3/6に下北、近いのは嬉しいけど、金曜かあ 平日は厳しいな


Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。