CALENDAR
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
+ アーカイブ
 
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE

ryo

  • RN : 龍 / ryo
  • HN : earlgrey

ブロとも申請フォーム
RSS
SEARCH

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルと鴨のコインロッカー

04 29, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
いいな。
借りてきて、今観てた。
【アヒルと鴨のコインロッカー】

これは、
なかなか、
自分にぴたりと。
好みだ。

こういうゆっくりな空気と、
構成のうまさ。伏線。
そういうの好きでさ。

1度目と2度目で全く見え方が変わる。
というか2度観るべきだわ。

ただ、静かに切なかったな~。
ジャケットや予告、主題歌から受ける印象とは違う、
狂気ある切なさ。

原作、伊坂幸太郎。
他の作品も観る、ちゅうか読んでみたくなった。



そういえば【恋愛寫眞】でも似た感覚があった。
やっぱり、静かな切なさを感じて。
けどアヒル鴨の方が、スリルさがあるか。

ちなみここから、
「静かさ」を抜いて
「スリル」と「切なさ」を足しまくると
【容疑者Xの献身】
っていう感じ。

というわけで、
【容疑者Xの献身(本の方)】
【アヒルと鴨のコインロッカー】
【恋愛寫眞】
おすすめ。 なんてぷちレビューまで書いてたらこんな時間。
書きたくなる位に、良かった。
おやすみなさい。


…あ、よかったというか、
よく出来てたって言った方がいいか。
「感動」より「意外なスリル」を感じたい時にどぞ。

« RADWIMPS ラジオ RADWIMPS幕張LIVEレポ »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。