CALENDAR
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
+ アーカイブ
 
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE

ryo

  • RN : 龍 / ryo
  • HN : earlgrey

ブロとも申請フォーム
RSS
SEARCH

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペレッタ「こうもり」

05 17, 2009 | 感・芸・建

0 Comments
1週間遅れての感想文。
せっかくの良い体験だったので、日記にも残しておこ。



オペレッタというものをまったく知らずに行って来たのだけれど、
思っていたものとは違い、いい意味で裏切られのめり込んだ。
事前に知っていたのは
「オペラよりとっつきやすいもの」という程度のみだったもので。
ただそうは聞いても、かなり敷居高く考えていた。

東京オペラシティなんだけど、実際、ホールにつくと、
映画を見に来たのとは違う客層に一瞬身構えた。
ラフな人もいるのだけど、正装、ドレスな人もちらほら。
もうその時点で、おっされ~な雰囲気!
奥のカウンターではワインやケーキも。
そしてそれを嗜む、おじさまおばさま達。



とりあえず自分は、空間を楽しもうとホール内を散策。
1階席、2階席、3階席をぐるっと。
こんなんで楽しんで興奮してる自分。…いなかもん?(笑
そんで一通り建築を堪能したところで、
席に着き、いよいよ開幕。



まず、日本語だった!
うん、わかりやすい。よかった。
日本語じゃなくても雰囲気だけ味わえれば良いかなと思っていたので。
そして、これがほんと一番意外だったのだけど、笑えた!
客席からも何度も笑い声。

単に劇中の作られた笑いというんじゃなく、
時事ネタ織り交ぜたもので…。
冒頭に酔っ払って屋外で寝てしまうシーンがあるのだけど、
そこで草なぎなネタ、ジョークが入ってきたりして。
別のシーンでは、語尾にウィッシュを入れきたりと、
何度見つつツッコミを入れたか(笑

もっとガチガチ古典的なものだと思っていたからな~。
まぁそういう固めなもの若干期待していたのもあるにはあったけど、
これはこれで単純に存分に楽しめた。
そんなアドリブがありつつも、
バックではオーケストラ生演奏という贅沢さ。
東京フィルハーモニー交響楽団。



オペレッタは、
「ミュージカルの生演奏版」というとイメージしやすいかも。
劇中の曲は全て生の演奏。指揮が居て。
途中役者がオーケストラをいじる場面もあったな。

役者が客席側にも来る事もあって、
そういう生ならではの面白さもあった。
ホール横から登場するシーンでは、
衣装が自分の足にも触れる近さだったし。
そんな近さで、ホール全体に響く声を発しているのだけど、
近いからといってもちろんうるさいわけでもなく。流石。
立っている時も、踊りながらも、座っていても、変わらずしっかり響く声。



あ、あとこれもまた行ってみて知ったのだけど、
結構長かった。5時に始まって、終わったの9時だったかな。
3つの幕に分かれてて、2回の休憩が入る。
休憩が終わる時の合図は、ベル。
ベル持った人が初めはホールの外鳴らして回って、
その後ホールの中を後ろからカランカランと鳴らながら歩いてきて、
舞台に到着した所で、次の幕が開始。

単に館内の放送で報せるのとは違う、
こういう演出も、良かったな~。
(オペレッタの世界では普通なのかもだけど



行ったのが一人でってのがさみしい所ではあるけど、
ほんと素晴らしい時間だったわ~。
つい先月のRADWIMPSのLIVEもそうだけど、
やはり生は違うね!

次は、何を体験しようか…♪

« ダンボールとあの頃… ノルウェイの森 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。