CALENDAR
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
+ アーカイブ
 
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE

ryo

  • RN : 龍 / ryo
  • HN : earlgrey

ブロとも申請フォーム
RSS
SEARCH

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08 03, 2007 | 日記

0 Comments
真夜中の五分前。
最近小説を再び読むようになった。



たまたま隣の席にいた子で、
話していたのは2時間もなかったかな。
先日、会社の飲みがあって、
仕事が残っていたから遅れて向かったんだけど、
空いてる席についたらたまたまその隣に居た子。

「自分の好みのタイプ」とは全然違う。
タバコ、吸うし、髪も染めていたように思う。
(髪を染めるくらい普通かもしれないけど
隣じゃなかったら話す事はなかったろうな。
けれど意外な所で共通点。
先日友人に薦められて読んだ『幻夜』を知っていた。
そこから会話も弾んでね。
ミステリー系が好きらしい。
『そして誰もいなくなった』もお互い読んでいた。
それで
幻夜が好きならこれもきっと好きですよ
と薦められたのが『真夜中の五分前』



しかし不思議な感じだ。
初対面、全くの他人から薦められた本を読んで
感動したり切なくなったりするというこの感覚。
ミステリーというより、
恋愛な話で不意をつかれたというのもあるかもだけど。
かと思ったら後半で、いや、それはネタバレになるな。

今日はこれから浅草へ打合せ。
向かう電車で読み終わってしまいそう。
この不思議な感覚も終わると思うと、軽く残念。

« UXGA ホームステイ »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。